BNR32スカイライン トランクのリレーがうるさい その2

 
BNR32スカイラインGT-Rのトランク内にあるリレーの動作音を消す作業の続きです。
 
整備要領書によると、エラーコードは「ETSユニットの異常」と出ていましたので、
 
アテーサポンプ(4WDの前後輪トルク配分を変化させるポンプ)を交換することになりました。
 
新品では30万円近くする高価な部品のようですので、中古品を使います。
 
 
 
それと今回は、何故このアテーサポンプ(ソレノイドバルブ部位)が故障してしまったのか、
 
という疑問を解消したいところです。
 
 
 
DSC07976


 
このデフケースの上にETSポンプユニットがあります。
 
 
 
DSC08012
 
デフケースがジャマなので外しておきます。
 
 
 
DSC08031
 
これらの部品を交換してリレーの作動音は消えました。
 
 
 
DSC08037
 
下廻りを見渡すと錆てちぎれた純正アースケーブルが・・・
 
 
 
DSC08035
 
アースの流れを見ると、ポンプのソレノイドバルブからデフケース、
 
そしてデフケースのリアカバーボルトからリアサスペンションメンバー、
 
そこから、ボディへと繋がるはずのものが、全て切れています。
 
 
 
DSC09806
 
アースの役目は、電気を導通し、部品を動作させるため、
 
また電気ノイズを抑制することにより、機器の動作を安定させること。
 
帯電させないことで、機器の寿命を縮めないためにあるようです。
 
そのことを考えると、リア側のアース類はETSポンプや
 
その他の部品には、なくてはならないものではないかということで、
 
純正と同等の平編銅線を新しく用意して、
 
今後、このような高価な部品交換を避けたいと考えました。
 
今度は、このアテーサポンプ、長持ちしてもらいたいです。
 
 
 
- 終 -
 
 


« 前の記事: を読む

次の記事: を読む »